マンション査定@情報
マンション査定@情報

2007年10月02日

近年のマンション査定変化:携帯のつながり具合や光回線全体導入の有無:売れ行き変わる

マンション査定では、これまであまり表面だって重要視されていませんでしたが、携帯の電波が入らず携帯がつながりにくいマンションは売れにくくなりました、またインターネットの光回線がマンション全体で導入されていないと売れにくくなってきました。

マンションを高く売るコツとして、年末までにマンション査定を済ませて、売れやすい1-5月に売る、自分のマンションの長所を図面に反映させる、最初からいざ転売を考えて人気マンションを購入しておくなどがあります。

近年、自分のマンションの長所や人気マンションの条件に、携帯がつながりやすいマンションであることや光回線がマンション全体で導入されていることも、含まれ始めたようです。このようなマンションはマンション査定で有利で売れやすいです。

なお、買い換えや新規購入の時は、このようなマンションを買っておくと、いざマンション査定で有利で、売れにくくないです。


posted by とも at 13:19| Comment(45) | TrackBack(0) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

マンション査定前に買い先行・売り先行か決める:買い換えの注意点

マンション査定で買い換えの場合、買い先行と売り先行の二つのケースがありますが、それぞれの長所、欠点を事前に知らないと苦しむことになりやすいです。

◆買い先行の買い換え、、、売れるまでのローン返済が大丈夫ならば、ゆっくり気に入った買い物件が探せる。売却資金を頼りにして、多額のローンを組んで買い先行すると、これまでのマンションが希望どうりの価額で売れないと、また早く売れないと、ローン返済に苦しむことになりやすい。

このため、資金に余裕のある場合、交通の便や周囲の環境や築年数なで売れやすいマンションを持っている場合や現在のマンションをあまり高く売ろうと考えていない場合には、買い先行の買い換えがおすすめ。

◆売り先行の買い換え、、、売れたら、買主の希望にあわせて、すぐマンションを引き渡せるように準備しておく必要がある。買主からすぐ引き渡してほしいといわれた場合、一時的に実家や賃貸しに引っ越すことができるかどうか。これができなければ、買主に嫌がられて、高く売れにくい。また、ローン返済や日程調整に苦しむ。

マンション買い換えの場合、マンション査定をしてもらう前に、自分の事情を参考に、買い先行の買い換えか売り先行の買い換えか決めておいたほうが良いです。

posted by とも at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

マンション査定のコツ:長所はすべてPR:床暖房・鉄筋・駐車場なども

前号のマンション査定@情報で「マンション高額査定のコツ:10年以下の築年数・周囲の環境・交通の便の長所をPR:5月末までに売る:有能な仲介業者とは?」と書きました。

マンションは1週間や1ヶ月では売れず、2年もかかる場合があります。あせらず根気が必要です。また、売り手が強くないので、値段も適度の妥協が必要なようです。

さらに、マンション査定の時に、自分のマンションの長所を残らず遠慮しないでPRしましよう。

「10年以下の築年数・周囲の環境・交通の便の長所をPR」はPRの基本です。さらに、床暖房、鉄筋、いかに汚したり傷つけたりしないようにマンションに住んでいたか、便利で使いやすい駐車場、見晴らしが良いなどもPRしましよう。

このような長所を聞くだけではなく、販売図面にうまく反映させられる有能な仲介業者も選ぶべきです。仲介業者を決める前に参考に、どのような売れやすい特色のある販売図面を作っているか見せてもらうのも良いです。
posted by とも at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

マンション高額査定のコツ:10年以下の築年数・周囲の環境・交通の便の長所をPR:5月末までに売る:有能な仲介業者とは?

マンション査定をスムースに済ませるために、事前に権利書、マンションを買った時のパンフレット、管理規約書を用意します。

さらに、高値でマンション査定をしてもらい、予想より高値で早く売るためには、@売れる峠の5月までに売れるようにする(それ以後は価額が一般的に下がる)A自分のマンションの間取りだけを教えていては、半年や2年間売れなかったり、値下げになりやすいので、自分のマンションの長所、とくに築年数10年以下(それ以上はがくんと値下がりする)、近くに公園や森林があり環境が良く、繁華街内でなく、マンションも乱立していない、周囲の環境が子供に悪影響を与えていない、駅から5-15分以内などを、積極的にPRします。

また、このようなマンションの長所を販売図面にうまく反映させる有能な仲介業者を選ぶべきですね。
posted by とも at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

マンション査定で欠点を隠すと損害賠償か売買契約解除に:正直に現況を話そう

マンション査定では、自分のマンションの長所と欠点を正直に、マンション査定をする方に話しましよう。

マンション を高く売るには、自分のマンションの長所をうまくPR し、見栄えも良くするためにきれいに掃除したり、簡単なリホームなどもしますが、地震などによる壁のヒビを紙で見えなくしたりなどして、ヒビなどの欠点を隠したままマンションを売ると、後で損害賠償を訴えられたり、売買契約が解除されたりします。
posted by とも at 17:08| Comment(0) | TrackBack(3) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三井のリハウスのマンション無料査定:20年連続全国仲介件数NO1

東京を中心に全国を対象としたマンション無料査定をしているのは、三井不動産販売の三井のリハウスです。三井のリハウスは、20年連続全国仲介件数NO1 です。

https://www.rehouse.co.jp/client/CLT603.jsp?ssl=trueをクリックして、必要項目を入力すれば、マンション 無料査定を受けられます。

訪問査定か机上査定のどちらかを洗濯できます。

「訪問査定では、経験豊かな査定担当者がご所有不動産の現地に赴き物件の使用状況や敷地の状況などを確認いたします。法務局や役所調査を経て権利上や法令上の問題点の有無を把握し、市場動向や豊富な取引事例を基に査定価格をご提示いたします。

机上査定では、お客様からいただいた物件情報と周辺売出事例や成約取引事例等にもとづき概算での査定価格をご提示いたします。 
ご所有不動産の現地調査等は行ないませんので、売却開始にあたっては訪問査定(実査定)が必要となります」と三井のリハウスは言っています。
posted by とも at 16:49| Comment(0) | TrackBack(5) | マンション 無料査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初から売れやすい人気マンションを買う:人気マンションの条件

中古マンション 査定を有利にするためには、売れやすい1-3月までにマンション査定をすませ仲介業者も決めておく、きれいに掃除をしておく、見栄えを良くするために簡単なリホームをする、明るい照明に変えておく、査定をする人と機嫌良く接するなど、、、いろいろあります。

しかし、買い替えのことを考えて、最初から、最寄の駅から徒歩5分以内、周囲の環境が良い、人気のタワー型か大規模マンション、管理が行き届いている、、、という人気マンションを買っておけば、いざ売る時に予想より高値で査定されて、高値で売れやすいです。

人気マンションは、専任や専属でなく、一般で予想より高値で早く売れやすいです。
posted by とも at 16:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 中古 マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンション無料査定 東京ではホームトレインやホームマスターズなど

東京など関東地区のマンション無料査定では、ホームトレイン(首都圏の大手私鉄系不動産会社8社の合同サイト)、ホームマスターズなどがあります。

ホームトレインには、京急不動産、京成不動産、小田急不動産、西武不動産流通、相鉄不動産販売、東急リバブル、東武不動産、京王不動産。

http://www.hometrain.net/をクリックし、物件の所在地を入力して、無料査定を依頼するのボタンを押します。

ホームマスターズは、首都圏の大手5社である住友林業ホームサービス、大京住宅流通、藤和不動産、長谷工アーベスト、有楽土地住宅販売が運営し、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城のマンションの無料査定をしています。

https://www.home-masters.net/select.asp?req_kbn=uriをクリックして、必要項目を入力します。

posted by とも at 14:14| Comment(0) | TrackBack(13) | マンション査定 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

マンション査定は売れやすい1-3月前に:高額査定の落とし穴:パンフレットや管理規約も事前に用意:魅力ある販売図面を作る

マンションが比較的希望価額で売れやすい時期は、転職しやすい時期と同じで、1月-3月、次はゴールデンウィークのある5月です。

このため、12月末までにマンション査定と仲介業者を決めておいたほうが良いです。

マンション査定は、2社以上で受けるべきです。地元の業者は小さいからと言って、必ずしも軽視できません。

マンション査定をスムースにしてもらうためには、事前に登記簿謄本、そのマンションを買った際のパンフレット、管理規約を用意して置きましょう。

大手のマンション査定無料としては、住友不動産(Https://www.stepon.co.jp/ph/UsrInquiry?inq_type=48)、三菱UFJ不動産販売(Https://www.sumai1.com/inquire/easy.php)、中央三井信不動産(Https://www.chuomitsui-re.co.jp/hp/sell_inquiry_input.php?type=2)があります。

高額査定の業者が必ずしも良いとは言えません。売る権利を取るために無理に高めのマンション査定をする可能性もあり、その価額でで売れなければ、絵に描いたモチです。

この点から言うと、売主のほうも、自分のマンションの長所や特色をうまく仲介業者に伝える努力をする必要があります。さらに、仲介業者のほうも、それを聞いて、買主が高値でも買いたいと思わせるような魅力ある販売図面を書く能力を持っている必要があります。どのような販売図面を作っているか、サンプルを見せてもらいましょう。

また、どこを、とくにきれいにしたら買主に好印象を持たれて予想より高く売れるか教えてくれる業者を選びましょう。
posted by とも at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | マンション査定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。